お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

マンション経営に役立つ資格は?必要な知識やスキルアップ術

マンション経営に役立つ資格は?必要な知識やスキルアップ術


マンション経営に役立つ資格は?必要な知識やスキルアップ術

「マンション経営を成功させるために、必要な知識やノウハウを習得したい」。このような考えが強い方は、マンション経営に関わる資格取得を検討してはいかがでしょうか。資格を持っていると、知識だけでなく入居者からの信頼を得られる可能性もあります。

そこで本記事では、マンション経営に役立つ資格や、その他必要な知識について詳しく解説します。不動産投資初心者の方はもとより、成功に必要な能力を知りたいという方もぜひ参考にしてください。

目次

1.マンション経営に役立つ資格

マンション経営に役立つ資格

マンション経営には法律や税制、不動産の管理に関する幅広い知識が必要です。知識を得る手段のひとつが、マンション経営に関する資格の取得です。今回は10の資格について、得られる知識や受験資格を中心に紹介します。

🔵 マンション管理士

マンション管理士はマンション管理の専門家で、マンション管理や維持に関するコンサルティング業務に携わります。主な仕事内容は、以下の通りです。

・マンション管理費・修繕積立費の管理
・修繕工事の計画と進行
・マンション管理規約の作成と変更
・住民間トラブルの予防

マンション管理士の資格を取得するには年に1回、11月に実施されている国家試験に合格しなければなりません。合格率は令和3年で9.9%と、例年10%未満で難易度は高めです。

受験資格はありませんが、試験では法令系・会計・管理実務系・設備系・マンション管理適正化法に関する内容が幅広く出題され、相応の勉強時間を確保して準備する必要があります。

参考:指定試験機関 公益財団法人マンション管理センター「令和3年度マンション管理士試験の結果について」

🔵 不動産実務検定

不動産実務検定とは、マンション経営における実践知識を身に付けられる資格です。日本初の不動産投資専門資格で、以下を学べます。

・不動産投資における税金対策
・土地活用コンサルティング
・満室経営

不動産実務検定は、認定講座を受けてから試験を受けるタイプと、独学で準備してから試験を受けるタイプの2種類が選択可能です。合格に必要な正答率は約7割で、合否は受験したその日に分かります。

2級では賃貸管理運営実務に関する内容が、1級では不動産投資に関する内容が出題範囲であり、両者ともに誰でも受けられる試験です。

🔵 宅地建物取引士

宅地建物取引士(宅建士)は不動産投資に関する専門家で、以下の独占業務があります。

・契約締結前の重要事項の説明
・重要事項説明書面への記名・押印
・契約内容を記した書面への記名・押印

宅建士を雇ってもよいのですが、自分で取得できればその分委託費用を抑えられます。また上記の知識を得られるため、経営にも役立つでしょう。宅建の試験はマークシート式の4択で、法律や税金に関する問題が問われます。

年に1回、10月に実施されており、受験資格の制限はありません。ただし合格率は例年約15%と、難易度は高めです。※感染症拡大防止のため、令和2年度以後は12月にも実施

参考:RETIO「宅建試験 試験実施概況(過去10年間)」

🔵 賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、以下のような賃貸経営における必要な知識全般を習得できる国家資格です。

・管理業務委託契約の締結
・入居者間のトラブル対応
・建物の原状回復工事

高度な知識を生かしたマンション管理が可能となり、オーナーとしての信用力も高まりまるでしょう。試験は年に1回、11月に実施されており、受験資格に制限はありません。賃貸不動産経営管理士として登録するには、合格後に2年以上の実務経験またはその経験と同等の能力を有する必要があります。

🔵 住宅診断士

住宅診断士(ホームインスペクター)とは、住宅の屋根や外壁など全体の劣化状況や欠陥の有無を判断し、修繕に関するアドバイスを行う専門家です。具体的な業務内容は、以下の通りです。

・部材の劣化度を確かめる
・雨漏りの原因を特定
・建物全体の耐久性を確かめる

試験は年に数回実施されており、誰でも受験できます。修繕の時期や費用を適切に判断することは、マンション経営を成功させるにあたってとても重要です。オーナー自身が上記の知識を習得しておくメリットは大きいといえるでしょう。

🔵 管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理業者が管理組合に対して、管理委託契約に関する重要事項の説明や報告を行う際に必要な国家資格です 。このため、民法や区分所有法などの法律に関する知識、マンション管理規約、設備、委託契約などの知識まで幅広く問われる試験に 合格しなければなりません。

試験は年に1回実施されており、受験資格に制限はありませんが合格率は20%程度と難易度は高めです。管理業務主任者として登録するには、マンションの管理業務経験を2年以上積むか、講習を受ける必要があります。

参考:マンション管理適正化法

🔵 土地活用プランナー

土地活用プランナーとは、東京共同住宅協会が運営する土地活用の専門資格です。以下のような知識を習得できます。

・マーケティング
・事業収支計画
・法務
・税務

マンション経営者が上記知識を身に付けることによって、さまざまな業者からの提案を適切に判断できるようになります。「公益社団法人東京共同住宅協会認定 土地活用プランナー」と名乗れて、信用性が高まる点もメリットです。

さらにADR(裁判外紛争解決手続)の基礎資格としても認められているため、資格取得後に研修を受ければ土地活用関連分野におけるADR調停人としても活動できます。受験資格に制限はなく、マークシート式で合格率は70%と、難易度は決して高くありません。

🔵 ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーは、家計に関わる金融や税制、不動産など幅広い知識を習得できる資格です。試験範囲は、以下の6項目に分かれています。

・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続・事業継承

マンション経営にあたって、不動産分野の知識だけでなく税制や収支バランスなど経営に関わる基礎知識を得られるため、持っていて損のない資格だといえます。専門家に任せっきりにするのではなく、オーナー自身が経営に深く携わることは成功において非常に大切です。

FP3級の試験は年に3回実施されており、誰でも受験できます。合格率は例年80%前後です。

参考:日本FP協会

🔵 日商簿記

日商簿記は、商工会議所が主催する簿記検定の資格です。会計における幅広い知識を習得して経営成績や財政状況を把握でき、マンション経営においても以下のようなメリットが得られます。

・確定申告に役立つ
・財務諸表が読めるようになる
・経営に関する問題点を見つけやすくなり、対応力が見につく

試験は年に3回実施されており、難易度の低い3級では、会計実務に関する知識、帳簿のつけ方など基本的な内容が問われます。合格率には毎年ばらつきがありますが、平均50%前後です。

参考:商工会議所の検定試験「3級受験者データ」

🔵 電気工事士

電気工事士は電気設備業務に携わる専門家です。インターフォンの交換やコンセントの設置など電気に関わる工事をオーナー自身で対応できるため、人件費の削減につながります。

電気工事士は、第一種と第二種の2種類があります。第二種のほうが作業可能範囲は狭いものの、マンション経営においては十分でしょう。

試験は年に1回、筆記だけでなく電線の接続や配線工事などの技能試験も行われます。第二種電気工事士の合格率は、例年20%前後です。

参考:一般財団法人 電気技術者試験センター「令和3年度第一種及び第二種電気主任技術者二次試験の結果について」

2.マンション経営に関する資格を効率よく取得するには?

マンション経営に関わる資格の中には、念入りに準備しなければ合格できないものもあります。本業と両立させながら効率よく資格を習得するには、綿密に計画を立て時間を有効活用させることが大切です。

経営にも役立てられるように、丸暗記するのではなく、ひとつずつ理解を深めて学びましょう。また、テキストや参考書はなるべく絞り、反復演習によって記憶を定着させたほうがよいという意見もあります。

3.マンション経営で必要となるスキルや知識

マンション経営で必要となるスキルや知識

マンション経営に関する資格に合格すれば安心というわけではありません。長期的な成功を目指すには、習得したスキルや知識を生かせるよう工夫する必要があります。ここではマンション経営において必要なスキルや知識を4つの項目に分けて解説します。

🔵 マンション経営に関する情報収集力

マンション経営を成功させるには、最新の情報をなるべく多く、かつ早く収集する必要があります。不動産市場は日々変化しており、不動産投資に関する法律も改定されるケースが多々あるためです。

持っている情報により、正しい決断を下せることも多くあります。「セミナーや講座に参加する」「経営者同士で情報を交換する」「書籍やブログで知識を得る」など、時間が許す限りインプットに注力しましょう。取引先の不動産会社から得られる情報も、非常に大切です。

関連記事:マンション経営の特徴は?メリット・リスク・ポイントを押さえよう!

🔵 収益を上げる物件を見極める判断力

マンション経営は物件の購入からスタートします。経営者には、数多くあるマンションの中から収益性の高い物件を見抜く力も必要です。こうした判断力はマンション経営が始まってからも重要で、特にお金を使うタイミングは成功を左右する大きな要素だといえます。

繰り上げ返済のタイミングや、退去時のリフォームにかける費用、物件売却の交渉などはその一例です。戦略を立てて行動することも大切ですが、時には急な判断をあおられることもあるでしょう。情報収集力や経営における知識を増やすことで、正しい判断ができるようになります。

🔵 税務や会計の知識

マンション経営には税務や会計が大きく関わります。専門家に依頼する経営者も多くいますが、ある程度知識がなければ細かいミスに気付けず、後から大きな修正が必要になるケースも考えられるでしょう。

また経営に関する手続きや確定申告など、経営者自身が主体的に関わる処理も少なくありません。簿記やファイナンシャルプランナーの資格取得も視野に入れ、最低限の知識は身に付けておきましょう。

🔵 法律の知識

法律の知識を習得することも重要です。マンションの購入から入居者との契約、退去、売却まで、どの場面においても法律に従って手続きを進めていく必要があります。

特に、民法と借地借家法は理解を深めておくとよいでしょう。具体的に把握しておけば、契約を有利に進められる可能性が高まります。賃貸不動産経営管理士の資格を取得すると、民法と借地借家法の実践的な知識を幅広く身に付けられるでしょう。

4.マンション経営のスキルを磨く方法

マンション経営のスキルを磨く方法

マンション経営には、情報収集力や判断力、税務や法律の知識など幅広いスキルが必要です。このようなスキルは、資格を取得する以外にもさまざまな方法で磨けます。ここで紹介する3つの方法はその一例です。空き時間をうまく活用し、積極的にチャレンジしてみてください。

🔵 大家の経験談を聞く

実際に成功している大家の経験談を聞くと、マンション経営の成功イメージが湧きやすくなります。特に失敗やトラブルの経験を乗り越えた経営者の話は、注意点や対処法も多く学べるでしょう。マンション経営に関する書籍やブログでは、以下のような内容が紹介されています。

・満室にするための戦略
・入居者トラブルの対処法
・経営賃貸の生き残り方

全ての経験談が成功につながるとは限りませんが、心構えとして役立つ内容もあるでしょう。また、同じ経営者の成功体験はモチベーション維持にもつながります。

🔵 不動産投資のセミナーで学ぶ

不動産投資のセミナーでは、独学では学べない実践的なノウハウや将来に向けた不動産運用の知識を得られます。書籍やブログでの学びとは異なり、疑問点や不安に思うことを、成功者に直接質問できる点も大きなメリットです。

さらにマンション経営者同士のつながりができると、未公開物件を紹介してもらえる可能性もあります。一般公開されていないレアリティの高い不動産を購入できれば、マンション経営の成功に大きく前進するでしょう。

🔵 積極的に物件探しをする

マンション経営成功への最大の鍵となるのは、物件探しです。不動産投資に関わる知識とスキルだけ身に付いても、物件に魅力がなければ利益にはつながりません。満室経営ができる、需要の高い物件を見つけましょう。

しかし優良物件はすぐ契約につながるため、常にアンテナを張って物件探しをしなければなりません。投資物件の優劣はほぼ土地で決まるといわれているため、立地を中心に狙うべき不動産の条件を決めておくと、収益の予想を立てやすくなるでしょう。

5.マンション経営を成功させるコツ

マンション経営を成功させるコツ

資格取得やセミナーへの参加は、マンション経営を成功させるための知識やノウハウを多く得られます。ある程度スキルや能力を身に付けられたら、それらを上手く活用して運用してみてください。ここでは、その際に意識したい3つのコツを紹介します。

🔵 利回りについて把握する

マンション経営でどのくらい利益が出るのか予想するには、利回りについて理解しておく必要があります。利回りとは、投資額に対する利益(リターン)の割合のことです。しかし、一口に利回りといっても3つの意味があります。

表面利回り 経費を考慮しない
実質利回り 経費を考慮
キャッシュフロー利回り 実質利回りに返済額と税金を考慮

実質利回りとキャッシュフロー利回りは、同義として扱うケースもあります。経費を考慮しない表面利回りだけにとらわれてはいけません。マンション経営では、実質利回り3%以上が理想の目安です。

🔵 出口戦略を立てる

出口戦略の立て方も鍵を握っています。出口戦略とは、物件を手放して投資を終了する際、損をしない計画を立てることです。

売却時の収入も不動産投資における収益に含まれるため、トータルでの成功を目指すには売却のタイミングや方法も重要です。マンション経営では出口として、3つの売却パターンが考えられます。

・収益物件として売却
・更地にして売却
・自己住居用として売却

収益物件としての売却を検討している場合は、家賃が下がりにくく融資難易度の低い物件を選びましょう。

🔵 リスク対策をする

マンション経営にはリスクがつきものです。例えば下記のようなリスクです。

・空室リスク
・老朽化リスク
・自然災害リスク
・家賃滞納リスク

これらは「必ず起こるもの」と仮定し、あらかじめ対策を練っておくことをおすすめします。具体的には、入居者が入りやすい物件の購入や、綿密な資金計画の立案などが挙げられます。空室リスクに備えて部屋の修繕やクリーニングを徹底するなど、長期的に安定した経営ができるように心がけるとよいでしょう。

6.マンション経営のノウハウはGALA NAVIでチェック!

マンション経営を成功させるには、法律や税制、最新の不動産事情などの情報を収集し、それらを判断材料として生かす必要があります。必要に応じて資格を取得し、経営者としての信頼度を高めることも大切です。

GALA NAVIでは、このようなマンション経営に必要な知識やノウハウを得られます。登録費や会員費は無料で、多くのコンテンツにアクセス可能です。「マンション経営を成功させたい」「マンション経営に必要な知識を知りたい」という思いが強い方は、ぜひ利用を検討してみてください。

7.まとめ

まとめ

マンション経営は誰にでも挑戦できる資産運用のひとつですが、長期的な成功を目指すには相応の知識やノウハウが必要です。賃貸経営に関する資格や不動産管理に関する資格があると、経営に役立てられる他、入居者からの信頼も得られるでしょう。

また、マンション経営には資格だけでなく、情報を収集して正しい判断を下す能力も必要不可欠です。GALA NAVIをうまく活用して、不動産投資の成功を目指してみてはいかがでしょうか。


関連記事

不動産投資・マンション投資 人気コラム


その他のカテゴリー