不動産投資・資産運用に関する情報を無料配信不動産投資・資産運用に関する情報を無料配信

企業の社会的責任を重視する、注目のESG投資ってどんなもの?

企業の社会的責任を重視する、注目のESG投資ってどんなもの?


企業の社会的責任を重視する、注目のESG投資ってどんなもの?

ESG投資とは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字をとり、従来の財務情報だけではなく、環境・社会・企業統治に配慮している企業に対して投資するものです。事業活動を行うなかで企業の社会的責任(CSR)が重視されるいま、年金基金などの大口投資家を中心に注目を集めています。欧米企業を中心に広がってきたESG投資の波は、日本企業をも巻き込みつつあります。今回は、ESG投資の基礎についてみていきましょう。

ESG投資には7パターンある

ESG投資には大きく分けて、以下の7パターンがあります。

1. 児童労働や武器製造などESGの観点から問題がある企業を投資ポートフォリオから除外する「ネガティブスクリーニング」

2. 従業員の福利厚生や環境保護などESGでの評価の高い企業を投資対象に組み入れる「ポジティブスクリーニング」

3. 「モノ言う株主」として、対話や議決権の行使などを通じて投資先企業の事業活動に改善を促す「エンゲージメント・議決権行使型」

4. 自然エネルギーなど社会に貢献する技術、貧困など途上国の社会問題を解決する投資、小規模・零細企業に対する「マイクロファイナンス(小口融資)」など、課題解決に向けて直接的に働きかける「インパクト投資」

5. 2000年に発足した「国連グローバル・コンパクト(「人権保護」「不当労働の排除」「環境への対応」「腐敗防止」に関連する10原則)」など国内外の法令や規範に照らし、基準を満たしていない企業を投資ポートフォリオから除外する「規範に基づくスクリーニング」

6. 従来の財務分析、企業評価においてESG要素を考慮する「ESGインテグレーション」

7. クリーンエネルギーやグリーンテクノロジーなどサステナビリティ(持続可能性)に関連の深いテーマや銘柄への投資を行う「サステナビリティ投資」

ESG投資のデータを収集している国際団体のGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)によると、7つの投資のなかで一番多いのは「ネガティブスクリーニング」。次いで、「ESGインテグレーション」「エンゲージメント・議決権行使型」が続きます。

なぜESG投資が重要か

ビジネスのグローバル化が進むなか、環境や人権に配慮した企業の在り方を問う声が高まっています。企業は自らの利益を追求するだけでなく、社会の一員として責任を果たすことが重視されているのです。
また、気候変動による自然災害や少子高齢化、人口減少なども事業リスクとして認識されるようになりました。例えば、自然災害が増えれば、保険会社はそれだけ保険金の支払いが増えて経営を圧迫します。海洋資源が減少すれば、飲食業や食品加工業は原材料費の高騰に悩むようになるでしょう。人口が減少して働き手が減ることになれば、運送業者はスムーズに荷物を配達できなくなってしまうかもしれません。このように、企業は倫理観や社会貢献だけでなく、事業継続と収益確保のために、積極的に社会問題の解決に取り組む必要が出てきています。
ESG投資は、慈善活動や寄付といった採算度外視になりがちなCSR活動とは異なります。一般的に、コーポレートガバナンス(企業統治)がしっかりしている企業は従業員のモチベーションも高く、業績も安定的といわれています。投資家としても好業績の企業に投資すればリターンが多く見込めるため、収益性の面からもESG投資が注目されているというわけです。

ESG投資のうねりはとめられない。日本企業も責任を問われている

サプライチェーンがグローバル化するなかで、日本企業にもESG投資の対象となるべく、原料の調達や下請け工場での違法労働撲滅といった社会問題に取り組む姿勢が求められています。
また、日本の機関投資家も世界の潮流にのって、ESG投資を拡大させています。日本の公的年金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2017年から企業統治や女性活躍、炭素効率性の向上に取り組む企業へ重点的に投資しています。GPIFの18年度末のESG資産残高は3兆5千億円に達しました。
持続可能な社会への取り組みが求められるなか、投資家にもそうした企業をサポートする責任が求められています。ESG投資は今後ますます拡大すると考えてよいでしょう。


関連記事

投資・マネー 人気コラム


  • 2019年12月20日(金)

    含み益を確実に利益にしよう! 利益確定のポイントとは?

    株式投資や投資信託は、購入時よりも時価が上がればうれしいものです。そのような状態を「含み益」といいます。含み益は歓迎すべき状態ですが、まだ利益は確定しておらず、今後、時価が下がる可能性もあります。含み益の出ている金融商品の売却タイミングはどう図っていくといいのでしょうか。

  • 2023年05月08日(月)

    ペイオフは資金をどこまで守ってくれる?大切な資産を自分で守るペイオフ対策

    ペイオフという仕組みをご存知でしょうか。預金を守る保険制度として知られているペイオフですが、保護対象の範囲や上限があり、万能というわけではありません。大切な資産を守るため、ペイオフの仕組みや対策について確認していきましょう。

  • 2019年09月07日(土)

    今の時代に必要な「マネーリテラシー」とは

    「マネーリテラシー」とは「お金の知識を持ち、それをうまく活用する能力」のことです。マネーリテラシーが高くない人は、いくら投資をしても効率よく資産を増やすことができません。今回は、資産運用や投資を始める方が最低限身につけるべきマネーリテラシーについてみていきましょう。

その他のカテゴリー

「投資に興味はあるけどよくわかっていない」「少しだけ話を聞いてみたい」
そんな悩みを持つ方に GALA NAVI はピッタリです。
不動産投資・資産運用に役立つ情報をプロがわかりやすく解説します。
\ まずはこちらをクリック /
【無料】お得な情報をゲットする