注目のコインランドリー投資、手間なく収益を上げやすいって本当?

注目のコインランドリー投資、手間なく収益を上げやすいって本当?

昨今、コインランドリーの経営がサラリーマンの不動産活用法として注目を集めています。コインランドリーは利用者の増減が景気に左右されにくく、初期投資さえしてしまえば、あとは手間なく運営できることから人気を集めているようです。一見、簡単に始めることができそうなコインランドリー投資ですが、注意すべき落とし穴はないのでしょうか。

コインランドリーが注目を集める理由

コインランドリー経営が注目されているその背景には、利用状況が景気に左右されにくいこと、共働き世帯の増加でコインランドリーの利用が増えていることなどがあります。また、アレルギー対策で家庭用の布団などを丸洗いしたいというニーズが増えていることも一因といえるでしょう。
一方、コインランドリーが投資対象として注目されている理由は、無人店舗なので労務管理や人件費が必要なく、ランニングコストが家賃、水道代、光熱費、清掃代とシンプルなため、事業投資のなかでも比較的ハードルが低いという点にあります。
また、1棟アパート経営などと比較しても少額で始められるというのもメリットです。コインランドリー開業に向けた初期投資は、総額で1,500~3,000万円程度といわれています。
「中小企業投資促進税制」の利用が可能というのも注目すべき点です。この制度は、青色申告書を提出する中小事業者が令和3年3月31日までに新品の機械・装置を取得した場合、基準取得価額の7%相当の税額控除か30%相当の特別償却が可能になるというものです。さらに、中小企業等経営強化法の経営力向上計画の認定を受けると即時償却も可能です。設備投資額の多くを償却できれば、大きなメリットになります。

コインランドリー投資で成功するためのポイント

コインランドリー投資も、ほかの不動産投資と同様に立地に大きく左右されます。立地を見誤ると集客が難しくなりますので、近隣のライバルとなる店舗の集客状況調査も忘れずに行いましょう。お勧めは、近くにスーパーやコンビニなどの商業施設があるエリアです。洗濯している間に買い物を済ませることができるので、主婦層を取り込むための利便性に優れています。コインランドリー店舗の商圏は、通常1.5キロメートル程度といわれますが、近くに商業施設があればさらに商圏を広げることができます。
また、広くて停めやすい駐車場があるのもポイントです。布団の丸洗いなど、ファミリー層をターゲットにする場合、駐車場はマストといえるでしょう。明るくて清潔感がある内装で、監視カメラやドアロック付きの洗濯機を設置するなど、セキュリティ面もしっかりした店舗ならば、女性利用者やお子様連れも安心して利用できます。

コインランドリー投資で成功するためのポイント

よほど良い立地でない限り、開業当初からリピーターを獲得するのは難しいでしょう。それでも、初年度から投資目標と実際の集客具合が大きく異なってくると、利回りが達成できず危険です。
また、雨が多いか少ないかなどの環境なども事業の成否を左右する重要な要素です。運営が軌道に乗ってきたら、ポイントサービスなどを導入して、ある程度来客数を平準化するといった工夫も必要になるでしょう。
最近では、待ち時間を過ごすためのカフェ併設店舗なども出てきました。しかし、カフェ従業員の労務管理や人件費が発生するならば、コインランドリーの強みである無人経営の意味がありません。
また、副業としてコインランドリーを開業するならば、管理業者への委託が必要です。その場合、委託費用分も加味しなければならないでしょう。

コインランドリー投資で成功するためのポイント

一見、簡単に始めることができそうなコインランドリー投資ですが、立地やサービスの良し悪しが集客に大きく影響する業態のようです。綿密な事業計画を立てて、人気のコインランドリー投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事