コモディティファンドの登場で注目されるコモディティ投資! そのメリットとリスクとは?

コモディティファンドの登場で注目されるコモディティ投資! そのメリットとリスクとは?

コモディティ投資は株式投資や投資信託などと比較すると知名度が低く、以前は特殊な投資方法として位置付けられていました。しかし近年では、コモディティ投資は一般の投資家にも身近な投資手法に変わりつつあります。そこで、今回はコモディティ投資のメリットやリスクなどについてみていきます。

コモディティ投資とは

コモディティ(Commodity)とは、「商品」のことです。一般的な株式投資や投資信託では株式や債券が投資対象ですが、コモディティ投資では原油や金、小麦などの実物資産(商品)に投資します。実物資産には「資源」「工業用金属」「貴金属」「農作物」「畜産物」など、さまざまな分野のものがあります。

コモディティ投資のメリットとリスク

コモディティ投資、2つのメリット

➢メリット1:分散投資で投資リスクを減らすことができる

コモディティ投資のメリットの一つは、分散投資が可能な点です。コモディティ商品の価格変動は、商品ごとの需給バランス、気候、生産量や在庫、為替レートなどさまざまな要因に影響を受けます。また、株式や債券とは変動要因が異なるため、値動きも異なります。コモディティ投資の代表格である「金」を例に見てみると、金は、基軸通貨であるドルが不安定になると人気を博し、値が上昇するとされています。
このように、コモディティ商品の価格変動事由の多くは金融資産と異なるため、投資商品にコモディティ投資を組み込むことはリスク分散になるといえるでしょう。

➢メリット2:インフレに強い

メリットの二つ目は、インフレ(物価上昇)に強いという点です。現金の場合、物価が上昇すると相対的に価値が下落します。しかしコモディティ投資では、物価が上昇した場合、投資対象の「実物資産」の価格も一緒に上昇する傾向にあります。
例えば、原油や金の価格が上がれば、それに投資している金融商品(ここではコモディティ投資)も利益が上がりやすくなります。逆に、コモディティ市場の動向が物価に影響を与えることもあります。例えば、コモディティ市場において金や原油が人気を博していれば、実物の金や原油の価格も上昇するということも起こりえます。
さらに、コモディティ投資は値動きが大きいのも特徴です。これは、FX同様、大きな利益が出る可能性があるということです。

コモディティ投資、3つのデメリット

一方、デメリットはどのような点でしょうか。

➢デメリット1:価格変動の要因が読みにくい

商品ごとに価格変動要因が異なるので、思わぬことで価格が下落する可能性があります。例えば、エネルギー資源や工業用金属は世界情勢で価格が変動しますし、農作物や畜産物は災害や疫病などで生産性が大きく損なわれることがあります。また、災害や疫病は予測が困難ですし、仮に予測ができたとしても対策には限界があります。

➢デメリット2:為替リスクがある

外国資産に投資する外貨建ての商品が多いことから、外貨と円の換金時に為替リスクが生じます。為替リスクを負いたくない場合は、「為替ヘッジあり(一定の為替レートで通貨交換する契約)」の商品を選択するようにすればリスクを回避できますが、為替ヘッジには一定のコストがかかります。
為替リスクを避けたい方は、円建てのコモディティ投資を選択するなどの工夫が必要です。

➢デメリット3:絶対数が少ない

コモディティファンドは、通常の投資信託と比較すると商品数も種類も少ないです。投資信託の運用手法には特定の指数に連動することを目指す「インデックス投資」と、積極的に値上がり益を求める「アクティブ運用」がありますし、決算回数や為替ヘッジの有無など特徴もさまざまですが、コモディティファンドには利用したいファンドがない可能性もあります。

近年のコモディティ投資の傾向

コモディティ投資は商品ごとに値動きが変わりますし、価格変動の要因も商品ごとに違います。価格を見通すのも難しいことから、初心者にはハードルが高いことには変わりありません。ただ、最近では投資信託や上場投資信託証券(ETF:Exchange Traded Fund)を活用したコモディティ投資が普及してきています。これは、近年の大きな変化です。
投資信託を活用したコモディティ投資は、特定の資産に直接投資するものは少数です。多くは特定の資産や商品指数との連動を目指すものや、「直接投資型のコモディティファンド」に対して投資するものです。さらに、投資信託内で複数のコモディティ投資を行うなど、投資信託内で分散投資しているものもあります。
このように、投資信託で行うコモディティ投資は、許容するリスクに合わせて選択可能となりました。投信信託によるコモディティ投資の普及によって投機的なイメージが払拭されつつあり、長期的な視野での投資対象として認識されてきています。

コモディティ投資を取り入れてみよう

コモディティ投資には価格変動や為替リスクがありますが、メリットも多い投資商品です。保有すればリスク分散投資効果も得られます。さらに、初心者でも始めやすい投資信託による投資手法も普及してきています。興味がある方は、選択肢の一つとしてコモディティ投資を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事