将来が不安になったときの女性におすすめの投資商品3選

将来が不安になったときの女性におすすめの投資商品3選

「現在の収入では将来に不安がある」「少しずつしか貯蓄ができなくて困っている」という女性の方もいらっしゃるのではないでしょうか。収入が大きく変わらない状況で貯蓄を増やしたいならば「投資」がおすすめです。今回は、年代別の平均収入・貯蓄額をご紹介するとともに、貯蓄を増やしていきたい方におすすめの投資商品を3つご紹介いたします。

【女性編】みんなの収入・貯蓄の状況は?

将来が不安になると、「自分と同じ年代の人はいくら収入があるのか」など、周りの生活レベルが気になる方も多いと思います。そこで、まずは20〜40代女性の平均収入と20~40代男女の平均貯蓄額をみていきましょう。

20〜40代女性の平均収入

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、女性の平均年収は246万1,000円となっています。また、各世代の女性の平均年収は、以下の通りです。

    • ▼20~24歳:202万5,000円 (対前年増減率1.5%)
    • ▼25~29歳:225万9,000円 (対前年増減率0.4%)
    • ▼30~34歳:241万6,000円 (対前年増減率-0.7%)
    • ▼35~39歳:254万0,000円 (対前年増減率0.2%)
    • ▼40~44歳:262万4,000円 (対前年増減率0.4%)
    • ▼45~49歳:268万2,000円 (対前年増減率0.1%)

    年齢を重ねるにつれて増加率が低くなっていますが、前年と比べると、30~34 歳層を除くいずれの年齢階級も増加しており、年齢階級間格差は縮小していることがわかります。

    20〜40代男女の平均貯蓄額

    金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(平成29年)」によると、20〜40代の男女を含めた単身世帯と二人以上世帯の平均金融資産保有額は以下のようになっています。

      • ▼20代の平均金融資産保有額……単身世帯:142万円、二人以上世帯:321万円
      • ▼30代の平均金融資産保有額……単身世帯:589万円、二人以上世帯:470万円
      • ▼40代の平均金融資産保有額……単身世帯:936万円、二人以上世帯:643万円

      20代では単身世帯に比べて、二人以上世帯の方が金融資産保有額が多かったものの、30代以降では単身世帯の方が金融資産保有額が多くなっています。考えられる要因としては、マイホーム購入や子供の養育費などで貯蓄に回せない費用が発生していることなどが挙げられるでしょう。

      今よりも貯蓄を増やしたいなら、収入の一部を「投資」に回そう

      将来のためのお金を貯めるといっても、毎月の収入のなかでやりくりをして貯められる額には限界があります。そこで、将来に備えて少しでも貯蓄を増やしたいのであれば、収入の一部を「投資」に回すことも検討してみましょう。お金は銀行に預けているだけではなかなか増えません。物価が上がれば、むしろお金の価値が下がってしまうこともあります。リスク対策としても、余剰資金を活用した投資で資産を増やすという考え方はとても重要です。

      初心者の方でもOK!女性におすすめの投資商品3選

      貯蓄を増やしたいなら投資をしよう!と言われても、具体的に何から始めればいいのか分からない方も多いと思います。ここでは、少ない資金で始められる、女性の投資初心者の方におすすめの商品を3つご紹介します。

      日本国債:10年変動金利がおすすめ

      お金を少しでも増やしたい、しかし安全性も重視したいという方におすすめなのが「日本国債」です。個人向け国債は国が破産しない限りは元本が保証されており、かつ銀行に預けているよりも利率が高いので、初心者向けの投資商品です。「変動金利型10年満期」ならば、最低金利保証があるので最低でも0.05%の利回りで資産を増やすことができます。

      不動産投資:ワンルームマンションがおすすめ

      リターンが比較的大きいにも関わらず、リスクを抑えることができるのが「不動産投資」です。不動産と聞くと、ビルやマンションの一棟購入など規模が大きいものを想像するかもしれません。しかし、ワンルームマンション投資など、初心者の方や元手が少ない方でも、手軽に始められるものもあります。立地など条件によっても異なりますが、ワンルームマンションならば、都心の新築でも2,000万円~3,000万円台で購入できる物件もあります。また、ワンルームマンション投資は、「安定した利回り」も期待できるので、着実に資産を増やしていきたい方には、ぜひ検討していただきたい投資商品です。

      投資信託:NISAがおすすめ

      投資リスクはそれなりに高いものの、その分のリターンも期待できることをミドルリスク・ミドルリターンといいます。初心者におすすめのミドルリスク・ミドルリターンの投資商品のひとつが「投資信託」です。投資信託は、運用の専門家に依頼して株式投資をしてもらうサービスです。そのため、投資の知識がなくても気軽に始めやすいというメリットがあります。

      その一方で、購入する商品によってはあまり得をしないケースもあります。そのため、投資信託は購入する商品をよく見極めて選ぶようにしましょう。また、投資にかかる税金が非課税になるNISAという制度などをうまく活用するなど、自分の納得のいく方法で投資していきましょう。

      投資を始めてみよう

      女性の社会進出などで働く女性が増えている現代の日本では、自分で稼いだお金は自分で管理することが当たり前になってきています。資産形成を行なう手段の一つとして、投資を考えてみてはいかがでしょうか。

      関連記事