不動産投資・資産運用に関する情報を無料配信不動産投資・資産運用に関する情報を無料配信

不動産投資におすすめの資格はこれ!成功へと導くポイントも確認!

不動産投資におすすめの資格はこれ!成功へと導くポイントも確認!


不動産投資におすすめの資格はこれ!成功へと導くポイントも確認!

不動産投資では、賃貸経営や税務、不動産市場の動向など、幅広い知識をもつことが理想です。中には、知識を深める手段として資格の取得を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、不動産投資に役立つおすすめの資格について詳しく解説します。不動産投資で有効な資格や資格を取得するメリット、注意点についても理解を深めましょう。後半では、不動産投資を成功に導くポイントについても解説しています。

目次

1.不動産投資に資格は必要か

不動産投資に資格は必要か

不動産投資を始めるために必要な資格があるか、と問われた場合、「不動産投資で、取得が必須となる資格はありません」という答えになるでしょう。不動産に関する知識や経験が乏しい方でも、不動産投資を始めることは可能です。

しかし、不動産投資と関わりのある資格を取得することによって、運用に役立つ専門知識が身に付くほか、自信にもつながります。仮に合格に至らなかったとしても、学習をする過程で知識は深められたと捉えることもでき、決して損はしないでしょう。

ただし、資格を取得すれば必ず成功するとは限りません。また、学習に時間がかかりすぎてしまい、始めるタイミングを逃してしまう、運用に支障が出る、などの事態になれば元も子もありません。

自身の知識量や学習に費やせる時間を勘案した上で、目指す資格は何か、十分に考える必要があります。

2.不動産投資におすすめの資格10選

不動産投資におすすめの資格10選

不動産に関係する資格は数が多いため、何を取得すれば有利になるか、判断がつかない方もいるでしょう。また、初心者の方がいきなり難易度の高い資格を目指してしまうと、試験合格までに膨大な時間がかかりやすいことも懸念点です。

ここからは、「運用の実務で使える」「合格までにかかる時間」という2つの視点から、おすすめの資格を10個紹介します。

🔵 1.賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、マンションやアパートなど、賃貸不動産の管理・経営に関する知識を学べる資格です。2013年に創設された新しい資格で、元々は民間資格でしたが、2021年より国家資格となりました。資格を取得することで、物件管理や入居者募集など、不動産投資に必要となる基礎知識が身に付くでしょう。

受験者数は年々増加しており、国家資格となったことで今後さらに注目される資格となることが予想されます。

参考:『一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会』

🔵 2.ファイナンシャルプランナー

家計簿、資産運用、不動産に関する知識などが学べる資格です。不動産は複数出題される分野のひとつという位置付けですが、不動産投資においては税金や保険の知識も重視されるため、不動産投資の実務で役立つことも多いでしょう。

ファイナンシャルプランナーは1級から3級まであり、実務経験が2年以上ある方、AFP認定研修を修了した方以外は3級から取得することになります。

3級の合格率は70%~80%程度(日本FP協会の場合)で、初心者の方にもおすすめです。2級はやや難易度が上がりますが、取得できればより深い知識が得られるでしょう。

参考:『FP技能士の取得者数及び試験結果データ|日本FP協会』

🔵 3.宅地建物取引士

宅地建物取引士(宅建士)は不動産売買や賃借における重要事項の説明、重要事項説明書面の記名・押印、賃貸借契約書の記名・押印などの専権業務が与えられた資格です。不動産業を営む場合、ひとつの事務所で業務に従事する者5人に対して1人の割合で設置が義務付けられています。

不動産投資は賃貸業にあたるため、宅建資格が必須となる場面はありませんが、学習をすることで不動産に関する幅広い知識が習得でき、実務でも役立ちます。また、知名度が高いため、所持していれば不動産に関する取引や法的な知識がある人と認知されるため、信頼を得ることにもつながるでしょう。

合格率は15%程度で推移しており、相対評価であるため合格基準点が年によって変動する点に注意が必要です。受験者数は毎年20万人前後で、人気の高い資格であることがわかります。

参考:『試験実施概況(過去10年間)|一般社団法人不動産適正取引推進機構』

🔵 4.管理業務主任者

マンション管理業者が管理組合へ管理委託契約の重要事項説明や管理事務報告をする際に必要とされる国家資格です。合格を目指す中で、賃貸不動産の管理に関わる知識が深められます。

また、マンション管理業者は事務所ごとに一定数の成年者である専任の管理業務主任者を設置することが義務付けられているため、マンション管理業を営む会社にとって重要な資格といえるでしょう。

不動産投資は、賃貸不動産の経営・管理が主要業務にあたり、実務に生かせる知識を身に付けられることも特徴です。合格率は20%程度で推移しており、宅地建物取引士と同様、相対評価であるため、合格基準点は年によって変動します。

参考:『令和3年度 管理業務主任者試験結果報告/管理業務主任者試験の推移|一般社団法人マンション管理業協会』

🔵 5.簿記

収支管理やキャッシュフローなどの知識が学べる資格です。貸借対照表や損益計算書の見方、確定申告書の作成方法など、不動産投資を始めるにあたって押さえておきたい知識が身に付きます。

1級から3級まであり、主催団体によって日商・全経・全商の3種類の検定試験があることも特徴です。このうち、知名度が高いのは日商簿記検定といわれており、初心者の方は3級からチャレンジするケースが一般的といえるでしょう。

日商簿記検定試験の場合、3級の合格率は概ね40%~60%の間で推移している傾向です。2級以上では工業簿記という科目も加わるため、学習期間が長くなる可能性も考えられます。

参考:『3級受験者データ|商工会議所の検定試験』

🔵 6.ホームインスペクター

ホームインスペクターは住宅診断士とも呼ばれ、第三者の立場から建物の劣化状況や欠陥の有無をチェックする専門家です。ホームインスペクターの資格を得ることで、投資家自身の目で建物のコンディションを把握し、修繕すべき部分や時期・費用などの見極めができるようになります。

インスペクターの資格は民間資格で、『日本ホームインスペクターズ協会』が実施する『公認ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験』に合格しなければなりません。

2022年6月の受験者数は127名、そのうち合格者数は31名で合格率は24.0%です。過去の合格率の推移を見ると、おおむね30%前後で推移しています。

参考:『過去の資格試験実績|日本ホームインスペクター協会』

🔵 7.相続診断士

相続診断士は、相続についてのトラブルや悩みを聞き、弁護士や税理士、司法書士などの専門家に橋渡しすることが主な役割です。

また不動産投資を始める方の中には、節税を目的とする方も多く、勉強することにより相続税の節税につながるでしょう。

相続診断士は『一般社団法人相続診断協会』の民間資格で、相続診断士になるためには協会が主催する試験に合格しなければなりません。試験は全国260会場の好きな場所、好きな時間に随時受験できます。相続診断士になっている方の業種は、金融保険関連が52%、次いで不動産・建設業関連が35%となっています。

参考:『相続診断士の試験|相続診断協会』

🔵 8.住宅ローンアドバイザー

住宅ローンアドバイザーは、公正な立場で住宅ローンに関する的確なアドバイスや情報提供を行う専門家です。不動産投資はローンを組んで始める方も多く、ローンの知識を身に付けることで、さまざまな不安を払拭できるでしょう。

住宅ローンアドバイザーを取得するには、養成講座受講あるいは認定試験受験の2つの方法があります。養成講座は『一般財団法人住宅金融普及協会』が開催しており、効果測定を受けて基準に達していれば資格を得られます。講座を受講しない場合は、『一般財団法人金融検定協会』の認定試験に受け合格しなければなりません。

参考:『住宅ローンアドバイザー|住宅金融普及協会』

参考:『住宅ローンアドバイザー認定試験|金融検定協会』

🔵 9.公認 不動産コンサルティングマスター

公認 不動産コンサルティングマスターは、経済や金融・税制・法律など不動産に関する幅広い知識と技能経験を持つ専門家です。不動産の売買や賃貸・投資・相続などについてコンサルタント業務を行います。

公認 不動産コンサルティングマスターは準公的資格で、『公益財団法人不動産流通センター』の試験に合格しなければなりません。試験を受けられるのは、宅地建物取引士資格登録者・不動産鑑定士登録者・一級建築士登録者の3つのいずれかに限られます。試験合格後5年以上の実務経験を積むことにより登録申請できます。

参考:「不動産コンサルティング技能試験|不動産流通センター」

🔵 10.不動産実務検定

不動産実務検定は、不動産投資するための実践的な知識や技術を体系的に学べ、これから不動産投資を始めたい・学びたい方にとっておすすめです。

不動産実務検定は、『一般財団法人日本不動産コミュニティ』が認定する資格で、2級・1級・マスター認定があります。出題範囲は、2級は賃貸管理・ライフプランニング・募集・契約・管理など、1級は土地活用・不動産調査・不動産投資戦略・建築基準法など広範囲にわたります。

日本不動産コミュニティによりますと、2021年の2級の合格率は一般受験者が64%・講座受講者は75%、1級の場合は一般受験者が42%・講座受講者は67%です。

参考:「不動産実務検定|日本不動産コミュニティ」

🔵 【その他】マンション管理士、不動産鑑定士、司法書士など

以下のような資格も不動産投資に有効な資格として挙げられます。

・マンション管理士
・不動産鑑定士
・司法書士
・税理士
・建築士(1級~2級)

マンション管理士・不動産鑑定士は、取得すれば居住者との信頼関係を高めるなど不動産投資に役立ちますが、難易度の高い国家資格です。司法書士・税理士・建築士(1級~2級)も難しい国家資格ですが、不動産投資で必要な資格というより専門職に就くための資格という側面が強いといえるでしょう。

いずれも不動産・建築・金融に関する資格ですが、難易度が高く、取得するには長期の学習時間を要するでしょう。不動産や金融の分野に精通していない方が、不動産投資を始めるための準備や、運用に生かすことを目的として資格取得を目指す場合、学習に多大な時間がかかることも考えられます。

これらの資格は取得できれば高い専門知識が得られ、投資活動を有利に進められる可能性が高まります。しかし難易度はかなり高いため、自身の経験や知識、学習に費やせる時間などを踏まえた上で判断することが大切です。

3.不動産投資で資格を取得するメリット

不動産投資で資格を取得するメリット

不動産投資を始めるために必要な資格はないため、資格を取得することで何か特権を得られるわけではありません。しかし、学習する過程で知識が付き、不動産投資についても理解度を上げられることに意味があるといえるでしょう。ここからは、不動産投資で資格を取得することのメリットを3つ紹介します。

🔵 1.体系的な知識が得られ、運用に役立つ

不動産投資に関連する各種資格試験に合格するためには、不動産や金融に対する深い理解が必要です。従って、合格を目指して学習した中で得た知識が、不動産投資の実務で役立つ場面も多いでしょう。

また、不動産投資では予想外のトラブルに遭遇するケースもあります。具体的には、入居者の家賃滞納や自然災害による損害などが一例です。予期せぬ問題に直面したときに体系的な知識を付けておくことによって、的確な対応を取りやすくなることもメリットといえます。

🔵 2.知識を習得することで交渉力が身に付く

不動産投資では、不動産会社、管理会社、建築業者、入居者といった関係者と交渉する場面があります。ある程度の専門知識がなければ、相手の意見や提案を受け入れるべきか否か、判断に迷う可能性が高まることは、懸念点といえるでしょう。

資格を取得することによって、知識を活用できるだけでなく自信もつきます。また、知名度の高い資格であれば、所持しているだけで信頼を得られることもあるため、交渉を有利に進めやすくなるかもしれません。

🔵 3.日常生活でも役立つ

不動産や金融の知識は生活に関わるものが多いため、不動産投資のみでなく日常生活でもさまざまな場面で役立ちます。例えば、マイホームを購入する際、宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーの知識があることで、住宅ローンや税金についての理解度が上がり、現実的な資金計画を立てられるでしょう。

また、プライベートで将来の資金計画を考えなければならないタイミングでは、ファイナンシャルプランナーや簿記の知識があれば、キャッシュフロー表を作成することもできます。

不動産や金融の知識は、あって損することはありません。知識を活用できる場面が不動産投資だけに留まらないことも、関連資格を勉強するメリットとして押さえておきましょう。

4.資格取得を目指す際の注意点

資格取得を目指す際の注意点

不動産投資をする上で資格を取得するメリットは複数ありますが、資格があれば必ず成功できるわけではありません。資格試験の合格を目指し学習する際に、注意点として認識しておきたい事柄を解説します。

🔵 不動産投資に生かすことが目的であることを忘れない

資格取得の目的は、あくまで不動産投資の成功を目指して知識を付けることです。学習に没頭するあまり、資格試験の合格が目的にすり替わってしまう可能性があるため、注意しましょう。

確かに、資格を取得することで、運用に役立つ知識が得られることや自身の信用性アップにつながる可能性があることは事実ですが、一方で不動産投資に資格は必須ではないことも事実です。

特に難関資格や級を上げてチャレンジする場合などは、仮に合格に届かなかったとしても、学習したことにより知識が得られたのならばよしとする、ある種の割り切りも必要かもしれません。

🔵 難関資格へのチャレンジは「勉強時間の確保」が鍵となる

資格を取得するためには、学習の時間と労力が必要です。特に難関とされる資格にチャレンジする場合、取得するまでに多くの時間と労力を要することも予想されます。勉強第一になりすぎて、運用に悪影響が生じる事態になれば本末転倒といわざるを得ません。したがって、不動産投資に役に立ち、しかも合格しやすい資格を選ぶのもひとつの考え方といえるでしょう。

また、働きながら資格の取得を目指す方は、学習時間の確保もポイントになるでしょう。通信教材などを利用して、効率的な学習方法を取り入れることも一案です。

5.資格取得以外にもある!不動産投資の勉強方法

資格取得以外にもある!不動産投資の勉強方法

資格取得は、不動産投資で堅調な収益を上げるために有効な手段のひとつですが、不動産投資の勉強方法は資格取得だけに限りません。書籍やWebサイトを通した情報収集のほか、セミナーへ参加、物件の現地調査など、さまざまな方法があります。

例えば、不動産投資関連のセミナーは、専門家に直接質問できることに加え、非公開物件の情報を入手できる可能性もある点などがメリットです。

また、現場調査で得られる情報は、物件を見極める際に有効な判断材料のひとつになるでしょう。写真や図面でもある程度の情報は得られますが、現地に赴かなければイメージできない部分もあります。

周辺環境や競合物件の状況なども含め、可能な限り自分の目で確かめることは、投資家として優良物件を見抜くスキルを養う、という観点からも効果的といえるでしょう。

6.不動産投資で成功するために|知っておきたい5つのポイント

不動産投資で成功するために|知っておきたい5つのポイント

資格を取得して知識を深めることは、安定運用に好影響を与える要素です。しかし、不動産投資で思い描いた資産形成を達成するためには、多面的なアプローチが欠かせません。ここからは、不動産投資を成功に導くために、知っておきたいポイントを3つの視点から解説します。

🔵 始める前に情報収集をする

不動産投資を始める際には、あらかじめ不動産投資のノウハウや物件・税金・ローンの組み方などについて情報収集する必要があります。不動産投資のリスクは比較的低いといわれますが、一度物件を購入すると簡単に変更できません。誤った判断をして後悔しないよう、前もって必要な情報を収集しましょう。

情報を得る手段としては、不動産会社の無料セミナーの受講やインターネットの物件情報の利用・書籍の購読・不動産会社からの情報提供などがあります。

🔵 入念に収支シミュレーションをする

収益を見込める物件か否か、入念に収支シミュレーションを行うことが大切です。可能な限り物件の詳しい情報を入手し、中・長期にわたるシミュレーションをすることが理想的といえます。

不動産投資における主な収入源が家賃収入であることは、多くの方が理解しているでしょう。しかし、キャッシュフローを安定させるためには、収入だけでなく、支出に対する理解を深めておくことも不可欠です。例えば、修繕費用を甘く見積もりすぎたことが原因で、実際の運用時と大きな隔たりが生じる事態もあり得ます。

初心者の場合、こうした複雑な収支計算をすべて独力で行うのはハードルが高いかもしれません。精度の高いシミュレーションをするために、不動産会社や管理会社などに相談することをおすすめします。

🔵 物件選びは慎重に行う

不動産投資において物件選びは成否の前提といっても過言ではありません。優良な物件を見極められなかった場合、対策を懸命に施しても収益を上げられない可能性もあります。

物件選びを失敗しないためには、物件の建つエリアの現状および将来性、建物の状態、人口動態などを調査して、投資対象として的確か否か、慎重に検討することが大切です。自身の投資目標を明確に定め、定量的な情報だけでなく、定性的な情報も広く精査して物件を選定するようにしましょう。

🔵 リスクを把握して備えを考える

不動産投資は、株式投資やFXなどの投資方法と同様、複数のリスクがあります。具体的には、以下のようなリスクが代表的です。

・空室リスク
・家賃滞納リスク
・建物の老朽化リスク
・災害リスク など

しかし、不動産投資は先の展開が読みやすく、事前に適切な対策を講じることでリスクを抑えた運用が可能です。不動産会社などとパートナーシップを組みサポートを受けることも、リスクヘッジとして効果的といえるでしょう。

また、火災や地震などの自然災害には火災保険や地震保険、第三者への被害への対策として施設賠償責任保険など、リスクに備えられる保険に加入することも大切です。

金融機関は融資する際、貸し倒れリスクを回避するために、個人の属性だけでなく物件の資産価値と収益力に重点を置いて審査します。いくら収入が多く大企業に勤めていても、物件に担保価値がないとローン審査に通ることは難しくなるでしょう。ローン審査に通るためには、本業で安定した収益を得られるようきちんと計画を立てる必要があります。

🔵 信頼できる不動産投資会社や管理会社を選ぶ

不動産投資するときには、信頼できる不動産投資会社や管理会社を選びましょう。不動産投資会社は、物件購入や収支計画・返済計画の作成などについて適切なアドバイスをしてくれます。また管理会社は、入居者の募集に始まって契約・家賃の集金と督促・クレーム対応・退去時の立会いなど業務は多岐にわたります。

以上から、不動産投資会社や管理会社の業務がひとつでもうまくいかないと、キャッシュフローが回らなくなる、退去者が発生するなど不動産投資失敗の原因になり得るでしょう。不動産投資会社や不動産管理会社は、一度決めると簡単には変えられないため慎重に選ぶ必要があります。

7.不動産投資の最新情報は「GALA NAVI」で!

不動産投資において、最新情報をいかに早く手に入れるかは成否にも影響するポイントです。世の中に情報は溢れていますが、確度の高い最新情報を得られる手段は限られているでしょう。

「GALA NAVI」は、資産運用・ライフプラン、マネーに関するお役立ちコラムや豆知識、セミナーや無料相談会の情報など、さまざまな内容のコンテンツを発信しているサイトです。資産運用型マンション「ガーラマンションシリーズ」でもおなじみのFJネクストが運営しており、最新物件情報もお届けしています。

登録費・年会費はいずれも無料です。これから不動産投資を始めたいとお考えの方も、現在運用中の方も、GALA NAVIの発信する情報にご期待ください。

8.まとめ

まとめ

不動産投資は、賃貸経営や建物、税務・会計など、さまざまな知識が求められます。不動産や金融に関連する資格の取得は、基礎から応用まで体系的な知識を付けるために有効な手段のひとつです。

しかし、不動産投資に役立てるという観点からは、資格の取得そのものを目的とするのではなく、あくまで資格を取得する過程で得る知識が重要であることを理解しておきましょう。

不動産投資は情報戦ともいわれます。自身にとって優良な物件を見極め、堅実な運用を続けるために、良質な情報を得るツールを確保しておくことをすすめします。「GALA NAVI」では投資家の皆さまへ向け、資産運用、マネー、ライフプランなど、幅広い情報を発信中です。目標とする資産形成の実現のために、ぜひご活用ください。


関連記事

不動産投資・マンション投資 人気コラム


その他のカテゴリー

「投資に興味はあるけどよくわかっていない」「少しだけ話を聞いてみたい」
そんな悩みを持つ方に GALA NAVI はピッタリです。
不動産投資・資産運用に役立つ情報をプロがわかりやすく解説します。
\ まずはこちらをクリック /
【無料】お得な情報をゲットする