不動産投資・資産運用に関する情報を無料配信不動産投資・資産運用に関する情報を無料配信

タワーマンション投資で成功するための4つのポイント

タワーマンション投資で成功するための4つのポイント


タワーマンション投資で成功するための4つのポイント

都会にそびえ立つタワーマンション。豪華な設備と圧倒的な存在感で憧れる方も多いでしょう。現在、タワーマンションは自宅として住むだけでなく、不動産投資の対象としても注目されています。今回は、タワーマンション投資で成功するためのポイントと、メリット・デメリットをお伝えします。

【目次】

1.そもそもタワーマンションって?

実のところタワーマンションには、法的な定義はありません。一般的に、建築基準法では高さ60m以上の建築物を「超高層建築物」としていることから、階数に換算して20階程度以上の物件を「タワーマンション」と呼称しているようです。
タワーマンションは、高層階であれば周囲に眺望を遮るものがありません。眺めが良いのは、大きなアドバンテージといえるでしょう。また、駅前など交通の便が良い場所に建てられる傾向もあります。駅近でスーパーや保育園といった生活に必要な施設から近いのは、共働きファミリーには大きな魅力です。

一方で、地震などの災害が心配という方もいるかもしれません。しかし、超高層建築物は、建物の構造耐力について一般建築物より厳しい条件が課されています。
他にも、共用部の設備やサービスが良い物件が多いという特徴もあります。パーティルームやキッズルーム、ジムといった共有設備、知人が来たときに利用できるゲストルームや24時間対応のコンシェルジュサービス、クリーニングの受け渡しなどのサービスを提供する物件もあります。

3.タワーマンション投資のメリットとデメリット

ここからは、タワーマンションを投資対象とした場合のメリットとデメリットを紹介します。

メリット:人気が高いので入居者探しが楽、コストが低く抑えられる

不動産投資で最も警戒すべきは空室の発生です。その点、タワーマンションは立地やイメージが良く、人気があるため、入居希望者は比較的探しやすくなります。入居者探しが楽というのは、不動産投資をするうえで大きなメリットです。また、人気の高さから、中古物件として売却する際にも価値が下落しにくいというのも一つのポイントです。
加えて、タワーマンションは一つの土地に多くの区分所有者が入居している大規模集合住宅です。戸数が多いと一戸当たりの管理費も相対的に安くなり、管理コストが低く抑えられることから、スケールによるメリットも享受できます。

デメリット:利回りが低い、将来的なコスト増に不安

一方、タワーマンションにもデメリットはあります。まず、一般的なマンションと比べて物件価格が高いので、利回りが低くなる傾向がある点です。立地や物件のスペックなどによって異なるため一概には言えませんが、購入前に収支シミュレーションが必要です。
また、将来想定される大規模修繕への不安も危惧されています。タワーマンションは、古いタイプの物件でもまだ築20年程度と歴史が浅く、高度な技法で建てられたタワーマンションは一般的なマンションよりも費用がかかるのではないか、建物の耐久性が高いため建物の寿命が長くなり、後に修繕積立金が不足するのではないかなど、将来的に不明な点が多々あります。戸数が多いため月々の管理費は低く抑えられていても、将来的に修繕積立金の割り増しなどで不動産経営コストが増える可能性はあるため注意が必要です。

3.タワーマンション投資で成功するための4つのポイント

以上をふまえて、タワーマンション投資で成功するための4つのポイントをお伝えします。

1.人気エリアであること

立地は不動産選びの要です。タワーマンションの代名詞ともいえる東京都内の湾岸エリアでも、利便性の良い物件ほど人気が高くなります。その他のエリアであればなおさら利便性の良い物件ほど人気が高くなるでしょう。

2.高層階を選ぶ

タワーマンションの販売価格は高層階ほど高くなりますが、眺望の良さは外せないアドバンテージの1つです。購入価格は高くなりますが、その分、賃貸に出した場合の家賃も引き上げることができます。一般的に、家賃が高いほど入居者の属性も良くなる傾向がみられるので、管理が楽になるというメリットもあります。

3.利回り

タワーマンションは利回りが低いというのが定説ですが、一般的なマンションと同程度の利回りを見込める物件もあります。不動産投資において利回りを確認するのは基本ですから、この点も外さずにチェックすべきポイントです。

4.出口戦略

利回りが低いといわれているタワーマンション投資ですが、売却時のキャピタルゲインは狙えます。なぜならば、人気の高さから中古物件として売却する際にも価値が落ちにくいからです。キャピタルゲインを狙うのであれば、中古で売却した場合にも値崩れしない物件や部屋を選ぶようにしましょう。出口戦略まで考慮しての購入検討が重要です。

4.タワーマンション投資は戦略が重要

人気のタワーマンションといえども、メリットだけでなく、デメリットもあります。タワーマンション投資を検討するのであれば、上述した成功する4つのポイントを抑えて戦略を練ることが大切です。


関連記事

不動産投資・マンション投資 人気コラム


その他のカテゴリー

「投資に興味はあるけどよくわかっていない」「少しだけ話を聞いてみたい」
そんな悩みを持つ方に GALA NAVI はピッタリです。
不動産投資・資産運用に役立つ情報をプロがわかりやすく解説します。
\ まずはこちらをクリック /
【無料】お得な情報をゲットする