マンション投資が投資初心者向けである3つの理由

マンション投資が投資初心者向けである3つの理由

マンション投資は、実は投資のなかでも初心者にも向いている投資方法といわれています。主な理由として、「現物資産である」「手間がかからない」「リスクコントロールがしやすい」という3点が挙げられます。そこで、マンション投資が初心者に向いている3つの理由について詳しく解説します。

現物資産ならではの安心感がある

マンション投資は現物資産への投資であることから、以下の点で初心者にメリットがあります。

1.深い知識や経験がなくても投資商品の良しあしを選別しやすい

「現物資産」である不動産は、現地に行き周辺を歩くことで住環境を確かめることができます。そして室内や外観を見て、「この不動産なら入居者も満足できる」と自分の目で投資商品の良しあしを見極めできます。例えば、現物資産への投資ではない株式投資の場合は、決算の数字や株価チャートなどを見て、投資価値があるかどうかを頭の中で判断しなければなりません。この判断を行うには、一定以上の知識が必要です。知識があっても株価は決して理論どおりに動かないので、長い経験に裏打ちされた勘が必要になることもあります。

2.資産価値が暴落するリスクが低い

また、不動産の資産価値は下がることはあっても、不動産が倒壊したり周囲の環境が住むに値しないほど極めて悪化したりしないかぎり、ゼロになることはありません。現物資産ではない株式やFX投資などでは、短期間のうちに急激に下がる可能性がありますし、株は会社の倒産や経営悪化で価値が限りなくゼロになるリスクがあります。不動産投資は資産価値が暴落するリスクが小さいため、その点で初心者に向いているのです。

3.インフレに強い

そして、インフレに強いことも投資初心者にとって安心できる材料です。今後、お金の価値が下がり、物価が上昇するインフレになることも考えられます。現物不動産の資産価値はインフレの影響を受けずに維持されるので、長く所有しても安心できます。一方、株式やFX投資ではインフレとは必ずしも連動した動きにはならず、長期保有をする場合は安心できません。

手間をかけずに不動産投資を行える

・入居者の募集
・入居者との賃貸借契約
・入居者退去時の立ち会いや補修

これらの不動産管理業務は、基本的には賃貸管理会社に任せることができます。入居者の募集から内見の日程調整や、審査や契約、そして退去時の立ち会いや、補修の必要性のチェックまで賃貸管理会社が行ってくれます。
そのため、投資初心者でも安心して不動産投資を行うことができます。不動産投資は、本業が忙しい働き盛りの人や、知識と経験が乏しい人でも可能です。投資商品に手間や時間が必要な場合、投資に慣れていない初心者や本業が忙しい人にとっては大きな負担を与えますが、不動産投資ではその心配がありません。

収益の見通しが立てやすくリスクのコントロールが可能

マンション投資では家賃収入を収益とします。家賃は定期的に安定して入金されるので、収益の見通しが立てやすく計画的な投資ができます。もちろん、家賃収入は建物の経年劣化や周辺環境の変化などの影響を受けるため、いつまでも一定ではありませんが、1年~2年という短期間では、家賃が大きく変わるような変化はあまり起こりません。起こるにしてもゆっくり進行するので対策を講じられます。
また、入居者の突然の退去による空室の発生で、家賃を受け取れないリスクもありますが、この場合でも一般的には立ち退きまで1~2カ月の期間があり、その間に対策ができます。不動産投資をする物件を自分の目で慎重に確かめてから選ぶことで、最初の段階から後々の空室対策や家賃下落のリスクの発生を抑えた、長期的な投資ができるでしょう。
一方、株式やFX投資では、投資家自身にはまったくコントロールできないリスクが生じます。例えば、株式投資であれば「企業業績の悪化」や「企業の不祥事」、「政治・経済・為替の変動」などで株価は大きく上下します。時間や知識と経験があれば、一定程度のリスクを予見できますが、専門家でも間違いなく予測することは不可能で、思わぬ損失を招く可能性があります。

まとめ

マンション投資が投資初心者に向いている理由をご説明いたしました。「投資をしてみたいが、どの投資商品がいいか迷っている」という方は、ぜひ不動産投資を選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事