AIがあなたの投資をサポート! 「ロボットアドバイザー」とは?

AIがあなたの投資をサポート! 「ロボットアドバイザー」とは?

「卵を1つのカゴに盛るな」という有名な投資格言があります。これは、分散投資の重要さを説いたもので、リターンを得ながらリスクを最小限にとどめるには、1点集中型ではなく、異なる投資商品を複数組み合わせることが重要だという意味です。ただ、初心者の場合、何にどのくらい投資すればよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そのような方にお勧めしたいのが、AIが投資を手助けしてくれる「ロボットアドバイザー」です。

ロボットアドバイザーとは?

ロボットアドバイザーとは、AIが顧客の一人ひとりに最適な資産運用方法を提案してくれる自動運用サービスのことです。ウェブサイト上で年齢や年収、現在の預貯金残高、毎月の預貯金額、資産運用のスタイル、リスク許容度など投資に関する簡単な質問に答えるだけで、最新の金融工学に基づいた投資プランの提案や運用シミュレーションをしてくれます。簡単な質問のみのサービスは手軽に利用できますし、質問が多くなるほど精度の高さが期待できます。

どんなロボットアドバイザーがよい? ロボットアドバイザー選びの2つのポイント

ポイント1:「アドバイス型」と「投資一任型」、投資スタイルや経験によって選ぼう

ロボットアドバイザーには、大きく分けて「アドバイス型」と「投資一任型」の2つのタイプがあります。「アドバイス型」とは、どのような金融商品にどのくらいの資金を投じるかという投資スタイルを提案・アドバイスしてくれるロボットアドバイザーです。一方、「投資一任型」は資産運用のスタイル提案や資産配分(ポートフォリオ)の作成だけではなく、実際の取引や資産配分の調整まで自動で行うというものです。
選ぶ目安としては、ある程度投資の経験があり、ご自身でやってみたいという方は「アドバイス型」、投資初心者や日頃忙しくて相場などを見ている時間がないという方は「投資一任型」でロボットアドバイザーに任せるのがよいでしょう。

ポイント2:サービスによって実績、取引最低額、手数料が異なる

現在、ロボットアドバイザーはいくつもの銀行や証券会社から提供されており、その実績や最低取引額、取引にかかる手数料などがそれぞれ異なります。ロボットアドバイザーを選ぶ際は、このような点についてもチェックしましょう。特に、手数料は投資の利回りを左右するので重要です。一般的に投資一任型のほうがアドバイス型よりも手数料が高くなる傾向にあるようです。
無料で試せるサービスもあるので、まずはトライアルを利用してみるとよいでしょう。

ロボットアドバイザーの手数料は高い?

ロボットアドバイザーを利用する場合の手数料は、預かり資産の1%前後というサービスが多いようです。ネット上で申し込みから取引まで完結するため、プロのファンドマネージャーに支払う報酬に比べればローコストですが、それでも1%は高いという声も聞かれます。
最近では、「日経平均株価」や「NYダウ」といった株式指標(インデックス)と同じような値動きをするように投資するインデックスファンドなど、1つ持っているだけで複数の銘柄に投資でき、ローリスクで手数料が安い金融商品も登場しています。ロボットアドバイザーの手数料が高いと感じるようでしたら、こうした金融商品と比較検討するのもよいかもしれません。

ロボットアドバイザーを投資の第一歩に

投資に慣れるには、少額からでもまずは始めて、実際の値動きを実感することです。ただ、資産運用を始めようと思っていても、何にどのくらい投資すればよいのかが分からず、なかなか最初の一歩を踏み出せないという方も多いでしょう。まったくの初心者で投資に割く時間もあまりないようでしたら、ロボットアドバイザーを最初の第一歩にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事