不動産投資・資産運用の無料資料ダウンロード不動産投資・資産運用の無料資料ダウンロード

将来設計やマネープラン、考えていますか?

将来設計やマネープラン、考えていますか?


将来設計やマネープラン、考えていますか?

「お金を貯めたい」と漠然と考えているだけでは、お金はなかなか貯まらないものです。「いつまでに、どういう目的で〇〇円貯める」「毎月〇〇円積み立てる」といった具体的な目標を立てることで、そこへたどり着くまでの道筋がはっきり見えてきます。自分のライフプランにあった貯蓄をするためには何をするべきかをみていきましょう。

お金が貯まる5つのコツ

「お金がなかなか貯まらない」という方は、生活スタイルに原因があることが多いようです。そこで、生活スタイルを見直すときの指針とするべき「お金が貯まる5つのコツ」をご紹介します。

1.目標を立てる

人は何か目標があると物事を成し遂げやすいものです。貯蓄を始める前に、「〇年後に〇〇円を貯める」というように具体的な目標を立ててみましょう。その際、「100万円を貯めて、5年後にその資金でワーキングホリデーに行く」「来年までに100万円を貯めて、マンション購入の頭金にする」というように、ライフプランに基づいて具体的な使い道までを決めておくと、達成した後の自分がイメージしやすくなります。
一方で「お金が貯まらない」という方は、日常生活でちょっとした無駄遣いをしていることが多いようです。カフェでお茶を飲む、短い距離でもタクシーを使うなどの「プチ贅沢」も、積もり積もれば大きな支出になります。そうした「自分へのご褒美」を少しだけ我慢して、その分を貯蓄に回し、自分の立てた目標を達成することを楽しみましょう。

2. 収支を明確にする

「お金が貯まらない」という方は、自分の収支が分かっていないことも多いようです。なかには、高収入であるにも関わらず、お金の収支を気にする習慣がなくて使いすぎてしまい、いつまで経っても貯まらない…という方もいらっしゃいます。
毎月の貯蓄額の目標を決めるためにも、何にどのくらい使っているのか、収支を明らかにしましょう。家計簿をつければ一目瞭然ですが、それが少し面倒という方は「光熱費に〇円」「食費に〇円」「家賃〇円」というように、大まかな金額でもいいので記録してみてください。お金の流れを見直すことができ、無駄な支出が把握できるようになるはずです。
また、現金だといつの間にか使ってしまうという人は、明細が分かりやすいクレジットカードを使用する方法もよいかもしれません。もし、クレジットカードは使いすぎてしまうことが不安という方には、銀行口座から直接引き落とされ、使える範囲が預金残高以内であるデビットカードがおすすめです。

3.「先取り」で貯蓄する

一般的に、収入の2割くらいを貯蓄に回すと、堅実に貯蓄できるといわれています。勤め人であれば社会保険料で2割くらいが給料より天引きされますので、残り8割のうち6割を生活費、2割を貯蓄に回すと考えましょう。
「余ったお金を貯蓄しよう」と思っていても、なかなかお金は貯まりません。給与が振り込まれたら、積立預金や会社の財形貯蓄制度などを利用して、「先取り」で貯蓄していきましょう。

4. お得な制度や控除を利用する

会社で財形貯蓄制度や確定拠出年金などが用意されていれば、積極的に利用するのも手段の一つです。また、老後資金を貯めたいというのであれば、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」など、税制優遇等のメリットのある制度も活用しましょう。
また、給与所得者であっても医療費控除が受けられることもあります。多額の医療費を支払ったときには明細書を保管しておき、翌年3月に確定申告を忘れないようにしましょう。

5. ストレスをためない

お金を貯めたいからといって節約ばかりしていると、生活に潤いがなくなります。また、お金のことばかり気にしていると、人間関係がギスギスしてしまうかもしれません。なかには、ストレスがたまって衝動買いに走ってしまう、なんてこともあります。「昨日は友達と外食したから、今日は自炊しよう」というように、お金を使う部分と使わない部分でメリハリをつけることが大切です。

ライフスタイルを書き出してみよう

まずは、どのようなライフスタイルにしたいかを書き出してみます。そのときに、「結婚費用:300万円」「マイホーム予算:4,000万円」などと書き出すと、具体的にどのタイミングでどのくらいのお金が必要になりそうかイメージしやすくなります。もちろん、パートナーがいる人は、パートナーと話し合うことも忘れないようにしましょう。また、1人ではなかなか決まらない場合は、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみてもよいかもしれません。

お金を貯める?それともお金を増やす?

生活に必要な支出を切り詰めるには限界があります。また、切り詰めすぎてもストレスがたまるだけです。そのような時は、株式や不動産などに投資をしてお金を「増やす」ことを考えるのもよいでしょう。もちろん、貯蓄の多くをすべて投資に回すのは危険ですが、一部でも投資に回せば現在よりもお金を「増やす」ことができるかもしれません。
自分のライフプランにあった計画的な貯蓄を目指してみましょう。


関連記事

資産運用・ライフプラン 人気コラム


その他のカテゴリー

「投資に興味はあるけどよくわかっていない」「少しだけ話を聞いてみたい」
そんな悩みを持つ方に GALA NAVI はピッタリです。
不動産投資・資産運用に役立つ情報をプロがわかりやすく解説します。
\ 不動産投資のポイントをご紹介! /
【無料】資料ダウンロードはこちら